子どもに目標を考えさせる

子どもに目標を設定させる

やる気を伸ばすポイントは、子どもに目標を考えさせることです。
自分で考えさせることで、やる気を持って物事に取り組むことができます。
親が余計な口出しをしないで、極力子どもに任せてください。
自分の実力に合っている目標を、考えさせることを意識してください。
子どもは、つい大きな目標を考えてしまいがちです。
ですが自分の実力に合わない目標は、達成できなくなります。

何時まで経っても達成できないと、子どもはやる気を失います。
しかし簡単すぎる目標では、レベルアップに繋がります。
努力すれば達成できる程度の目標を、考えさせましょう。
すると努力することを学べます。
何事も、コツコツ積み重ねることで、目標を達成できると教えましょう。

難易度を高めていこう

ずっと同じ目標では、子どもの才能を伸ばせません。
才能をもっと伸ばすためには、目標の難易度を高めることが重要です。
少しずつ難易度を高めることで、才能が伸びていきます。
目標を達成することができたら、ご褒美を与えても良いですね。
毎回ご褒美を与えていたら、子どもに悪影響を与えてしまう可能性があります。
ご褒美を与えるのは、時々にしてください。

うまくご褒美を活用することで、子どものやる気を引き出せます。
少し難易度の高い目標を設定した時は、諦めるケースが多いです。
そんな時に頑張ったらご褒美があると伝えると、子どもは再びやる気を取り戻すでしょう。
子どもの様子を見ながら、いつご褒美を使えば良いのか考えてください。


この記事をシェアする
Twitter
いいね
B!はてブ

Topへ戻る