たくさん褒めてあげよう

子どもへの接し方を知ろう

いつも子供に、怒ってばかりいる人が見られます。
それでは子供のやる気を伸ばすことはできません。
褒めてあげることが大切です。
どんどん褒めて、子どものやる気を引き出してください。
褒めることで、子どもは挑戦する意欲がわきます。
これまでと同じレベルではなく、もっと難しいレベルに挑戦しようと思う子どももいるでしょう。

徐々に難易度を高めることで、子どもの才能が伸びます。
あくまでも子どもが積極的に挑戦することが大事なので、挑戦しやすい雰囲気を作ってください。
簡単な問題だから、できて当たり前だと思ってはいけません。
どんなに簡単な問題でも、子どもが自分の力でクリアしたことを褒めてください。
親の、子どもへの接し方がカギです。

怒らないで慰めよう

いつも、子どもが成功するとは限りません。
失敗してしまうことがあります。
その時に親が怒ったり、できないことを責めると子供はやる気を失います。
それどころが、自信も失くして何事にも消極的な人間になってしまいます。
子どもが失敗した際は慰めてください。
失敗した本人が、1番悲しいはずです。
まずは慰めて、なぜ今回は失敗したのか考えさせましょう。

原因を知ることで、今度は改善できるはずです。
失敗しても次に繋げることができれば、無駄ではありません。
子どもには、何度も失敗して良いと伝えてください。
成功しなければいけないと、プレッシャーに感じていた子どもいます。
失敗しても良いと言えば、やる気を持って何度も挑戦するでしょう。


この記事をシェアする
Twitter
いいね
B!はてブ

Topへ戻る